日本語教師になるための講座|仕事の幅が広がる

先生

外国人に日本語を教える

英会話

コミュニケーションが大切

最近は日本へ観光にやってくる外国人が急増しています。外国人の中には日本文化に憧れて留学してくる人もいますし、日本の伝統文化を勉強するために滞在する人もいます。そのような外国人に日本語を教えるのが日本語教師です。日本の学校で教えている国語とは違います。日本語教師になる場合の注意点は生徒とコミュニケーションがとれることです。国語の授業では生徒に一方的に教えますが、日本語教師の場合は日本語のわかりにくい点をわかりやすく教えることが必要で、そのためにはコミュニケーション能力が重要になります。また日本語の読み書きや会話だけでなく生活習慣や歴史やマナーなども教える必要があるので、コミュニケーション能力がないとうまく伝えられないのです。

海外の学校で働ける

日本人なら誰でも日本語教師になれると思われがちですが、教える技術やノウハウがないとできないのです。日本語教師には国家試験や教員免許などはないので、一般の日本語講座などで教えることはできます。世界中の国に日本語講座がありますから、どこの講座でも教えることができます。ただし海外の公共の教育機関で教える場合は、現地の教員免許が必要な場合があります。日本語教師の仕事が人気なのは、世界を相手にするので自分の視野を広げることができるからです。例えばフランスの文化を知りたい場合、現地の日本語講座の教師として働きながら自分もフランスについて勉強ができます。日本語教師として実績を作りたいのなら、日本語教育能力検定試験に合格しておくと有利です。

外国人に日本語を教える

男性

日本語教師は国内のみならず、海外での日本語学校でも必要です。海外や日本語が好きで興味があるならば、日本語教師になるのも一つの道です。自分が利用しやすい講座を選んで学んでいくことで、将来の日本語教師の仕事に役立てていくことができるでしょう。

View Detail

教師になるには

文房具

日本語教師は国内だけでなく世界の至るところで活躍しています。多くの国の人と触れ合えるのが魅力です。日本語教師になるための基準として、検定試験に合格するか決められた養成講座を受講するという2つの方法があります。

View Detail

日本語の教師を目指す方法

学習

日本語教師を目指す場合には講座の選び方が重要で、自分の知識や技量に合わせて講座を選ぶ事がポイントです。日本語の知識だけを学んでも日本語教師にはなれないため、実習も行っている講座を選ぶ事がオススメです。

View Detail